横浜市都筑区の軟式少年野球チーム「横浜球友会」概要

◆横浜球友会スローガン
『~全 員 野 球~』
◎チームスローガン『~全員野球~』とは
☆『チームがあっての自分』という意識を持つ。
☆チーム全員が同じ目標を持ち、一人も欠けることなく常に「今何をすべきか」
「何が出来るのか」を考えその時、その瞬間を一所懸命過ごす。
☆決して諦めず、自分一人だけという考えを持たず、常にチーム全員で技術向上、
人間的向上を目指す。
☆思いやりのあるやさしい心を持って、感謝の気持ちを忘れず日々精進する。
☆本当の友達、チームメイトとは。全て『ドントマインド』ではない。

◆横浜球友会足跡
■創  立  平成11年10月
■加盟団体  都筑区少年野球連盟(平成13年2月加入)
■大会初参加 平成13年3月10日(都筑区学童選手権大会新人選)

◆横浜球友会人間教育理念
1.社会で役立つ人間を育てる   (挨拶/感謝/貢献/協調性/知識)
2.強く生きて行ける人間を育てる (体力/自信/勇気/発想力)
3.魅力ある人間を育てる     (存在感/リーダー性/洞察力)
すべてにおいて「人としての基礎作り」を教育理念に掲げ、日頃の指導にあたります。
又、野球が出来る事は当たり前のことではありません。
両親のありがたさ、道具・グランドを大切に、相手チームに対する気持ち、
すなわち球友会では「感謝の気持ちを忘れない」という事を念頭に置き、
子供達と大切な時間を過ごしています。

社会で生きていく、成長していく為に必要な、全てのカリキュラムが含まれている
素晴らしいスポーツ野球。是非、野球を通じて、『人は人の為、社会の為に貢献する事を
運命とし生を受けた』 スタッフと一緒に、本来の人が生まれてきた意味をしっかり
学んでいきたいと思っております。

◆横浜球友会指導方針
練習時間は短いです。しかし1日1日、1分1秒の大切さを理解させ、『効率、考える練習』
を常に心掛けています。また、まずはしっかりとした野球の本質、理論、知識を学んで
頂きます。

『たくさんの知識が、意識を変える』     
『技術は時に裏切るが、知識は裏切らない』

野球人生が末永く続く為に、『究極の少年野球』を、子供達と追求していきます。
※いくつか指導方針をご紹介致します。

◎チーム強化として
(基礎学年)
低学年(1~3年生)では、ボール運動の1つとして野球があり、基本的な野球のルールや
チームスポーツのあり方を伝えます。「自分を好きなように表現する」事で楽しみを得てもらい、
人に認めてもらう喜び、人を助けてあげる大切さを体感して頂きたいと考えています。

(応用学年)
中学年(4年生)では「表現力の幅、質を高める」事を意識させます。
野球の技術は勿論の事、野球の本質、根拠に基づき、状況に応じたプレーの選択を子供達に
させ、「自分で考えてプレーさせる」事で、野球の楽しみ方(みんなで成し遂げる喜び)の
幅を増やしていきます。

(発展学年)
高学年(5~6年生)では、基礎/応用と学んできた内容を更に突き詰め、
「チームの為に今、出来る事」 「瞬時に判断し、勇気を持って決断出来る強さ」
をテーマに、チームメイト全員が同じ目標を持ち、五感を全て駆使し
「究極のチームを作り上げる楽しさ」を求めていきます。また中学年と同様、
「自分で考えてプレーさせる」
事を前提に、1つのミスでは崩れない逞しいチームを目指していきます。

◎道具を使うスポーツ理論 
道具を効率よく(グローブ、バット等)使う為の生体力学を理解させます。
それが上達への近道だからです。

◎キャッチボール理論 ~キャッチボールを制する者、試合を制する~
キャッチボールの大切さを徹底的に理解させます。その為には、
「なぜそう取るのか?」 「なぜそう投げるのか?」 「その為に体はどう使うのか?」等、
子供達に分かりやすく、プリント、ノートを利用し理論、根拠を伝えていきます。

◎走塁理論
勿論、走塁のテクニックは指導します。しかし、スタートの仕方、戻り方、走り方が
間違っていれば全てが結果に繋がらなくなります。そこで、
『ランニングアセスメントの有資格者』が、切返しの仕方、走り方の指導を致します。
足が速い、遅いではなく、技術として、
「走塁は野球において、絶対理論」だからです。
  
横浜球友会指導システム
横浜球友会では発足以来、技術習得を目指すのは勿論ですが、その前にやらなければならない事、
教えなければならない事がたくさんあります。横浜球友会で子供達が安全にそして逞しく
野球が出来る為に、その中で行っている球友会指導システムをご確認下さい。

①ケガをしない体作り        
『柔軟性、科学的ストレッチ、トレーニング理論』
*現に、球友会選手のケガ率、特に、野球肘、肩痛においては発症率1%未満です。

②簡単には疲れない元気な体作り 
『プロのトレーナーによる科学的、球友会オリジナルトレーニング』
*球友会卒団生の選手が、高校野球まで続ける割合が85%以上です。
体力向上が基に、他の選手よりも練習メニューをこなせる事が1つの要因となっています。

③食育と睡眠指導
『管理栄養士による、食事メニューと摂取方法+睡眠の重要性』
*体力強化には欠かせない食事と睡眠。短い練習の間にも効果的に捕食を摂り、エネルギーを
消耗した中での練習を避けるようにしています。また、タイミングのいい時の捕食(食事)を
摂る事で、成長、体力強化に繋がり、集中力の低下も防ぎます。